まだ20代とは思えないほどの落ち着きぶり

元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんがこのところテレビ出演し、フィギュアスケート関連の情報を伝えてくれています。バンクーバーオリンピックに出演し、ソチオリンピックの代表は選考漏れし、2016年に3月に現役を引退。その後はトヨタ自動車に入社し、スケートを離れ会社員として働いていましたがその後またスケート関連の仕事に携わるようになりました。浅田真央さんの引退後行われたアイスショーでもゲスト出演しきれいなスケーティングを見せてくれました。
そして、最近では平昌オリンピック関連のワイドショーにも出演されいます。現役時代から落ち着いた滑りで感情を表に出す選手ではありませんでしたが、テレビ出演していても技術の解説、ジャンプの跳び方などの説明がすごく分かりやすいのです。小塚さん、すごく腰の据わった感じですがまだ28歳と知り驚きました。小塚さんのスケーティング技術はあの有名な佐藤信夫コーチから学んでいるのでぜひその技術を引き継いでいってもらいたいものです。脱毛ラボ 都度払い

まだ20代とは思えないほどの落ち着きぶり

私にとっては結構重要なこと。なのですが、、

たとえば、普段は3人で話したりしている関係だけど、なにかを決めるときには私だけいつも決定事項を伝えられて参加をするかしないかを決める感じになってしまうということなんです。

あらかじめ、私以外の二人でこうしようかなどと相談をしあって、私のことを誘う?という話になり、どちらかが、名前が出たことだしじゃあ誘わないといけないよなぁという流れになって私の方に流れてくる感じ。
たぶん、提案者にしたら私にはあえて声をかけていない、もう一人とだけ遊びたかったのに、私の名前を出してこられたら、えー、、それは嫌だとは言えませんよね。
私はあとから聞くだけなのでどっちがどっちを誘ったかなんてわからないし、聞くことなんてできません。
一体どっちが本当は私には来てほしくなかったんだと疑っても本当のことなんてわからないんです。
これ、私の考え方ってあり得ることだと思いませんか?
毎回毎回こんな感じだとなんかむなしくなってきてしまきます。

私にとっては結構重要なこと。なのですが、、