動物と触れあうことは情緒の安定につながるという。

犬や猫などのペットを自宅で飼っている人は多いでしょう。スーパーやコンビニでもペットの食事が沢山売られていてびっくりします。

動物と触れあうことは心身の健康にとってとても大切なことなのだそうです。特に障害者やお年寄りにとって動物とのコミュニケーションは、健康を保つのに大事なことだといいます。

アニマルテラピーといって、動物と触れあうことで、心身の健康を回復させようとする治療法があります。情緒の安定やレクリエーションを目的とした動物介在活動などがあります。以前、老人ホームに伺った時に犬たちと遊んだり、抱っこしたりしてコミュニケーションをとっている場に居合わせたことがあります。お年寄りは犬と触れ合うことによって、自然と笑顔になっていました。子供に語りかけるように話している人もいました。動きにくい手を懸命に動かして抱っこしている人もいました。動物といると笑顔になれるし、リハビリ効果もあるものだと思いました。動物を飼育している老人ホームなどは少ないとは思いますが、動物のいる生活も悪くないのではないかと思いました。ミュゼ 全身脱毛

動物と触れあうことは情緒の安定につながるという。